【ダイレクトメニュー】

[ページメニューへ]

[ページ内メニューへ]

[共通メニューへ]

[メニューを飛ばして本文へジャンプ]

【ページメニュー】
【ここからページ内メニュー】

営業日カレンダー

=休業日 【管理】

スキャン代行申し込み

【共通メニュー】

写真のデータ化

書類のデータ化

【ここから本文】

D−LIBRARYの「スキャニング(電子化)サービス」

書類を電子化し、OCR処理を行っておけば、PDFファイルが自分専用の検索エンジンコンテンツに。   今まで面倒だった過去の契約書や見積書、マニュアルなどの紙媒体では見つけるのに時間を要したものも、 必要なときにすぐさま探し出すことができ、過去の仕様書やマニュアルから、必要なキーワードを探し出すことも瞬時に!

料金と活用事例

こんな出来たらいいなありませんか?

みなさんが普段思いつく仕事での便利さを

あるれる大量の書類も

今は大量の書類をタブレットなどの導入で軽快に持ち歩く時代です。パンフレットやカタログの持ち合わせがないために商談機会を逃すこともありません。営業力の強化と教育コスト削減、社内での情報共有が期待できます。

仕事の効率化を

電子化してファイルサーバーに保存しておけば、書類はコンピュータが探してくれます。書類を探し回ることもなくなり、よりスピード感のあるビジネス展開を行うことができます。

実感できるコスト削減

業務の効率化、省スペース化などによるコスト削減が期待できます。

地震などの災害、リスク対策を

まさか!万が一のリスク軽減につながります。

おまかせください

弊社スキャニングサービスの特長をご紹介します。

高品質・低価格でのサービス提供のために

弊社サービスのための取り組みなどをご紹介します。

こんな出来たらいいなありませんか?

 顧客の資料を探すときに量が多すぎて必要な部分がなかなか見つからない。

必要な資料が簡単に検索できたらいいな・・・

 他部署の資料だと必要な時に
  その都度取りに行かなければならなく時間がもったいない。

他部署の資料をいつでも自分のデスクで閲覧できたらいいな・・・

 注文書や契約書、納品書などが増え続け置き場所の確保に困ってしまうし、
  スペースを使うコストもばかにならない。

保管スペースを縮小できないかな・・・

 商品のカタログが多くてカバンがすごく重い!

重いカタログをデータでパソコンなんかにまとめて持ち運べたら楽なのにな・・・

 地震や火災などの天災で書類が焼失したりしたらどうしよう!

そんな時の為にバックアップの書類があれば、でも保管スペースがなー・・・ 

電子化のメリットとは?

◆あふれる大量の紙書類も

大量の紙書類の悩み解決します!

オフィスの中に溢れている「紙」や「写真」。ダンボール、ファイルに保存されている書類。キャビネットも、倉庫も。オフィススペースを圧迫しているのは、「紙」です。それら大量の書類も電子化・PDF化してサーバ管理、タブレットで活用すればスペースの有効活用、仕事の効率もあがります。 企業で進むタブレットの導入は、マニュアルの管理/教育コスト削減/情報の共有にも有効。

大量の書類・マニュアルをタブレットで持ち歩く。マニュアルが改訂されたら、データを配信すればよいので、印刷コストや時間ロスがほとんどなくなります。

大量の書類もカバンへ

電子化した文書は、タブレットやノートパソコンに入れて、どこへでも持ち歩けますので社外での打ち合わせに、大きなファイル、大量のカタログを持ち運ぶ必要はもうありません。タブレットに入れ、カバンに入れて、持ち歩きましょう。内容の確認ももちろんタブレットでできます。同じ画面を見ながらの打ち合わせは、スピーディー。認識のズレが少なく、スマートに打ち合わせをまとめることができます。

もちろんデータはサーバに入れて共有できますので、これまでキャビネットで眠っていた書類を最大限に活用できます。訪問した客先で、何気ない会話から生まれる商談機会。パンフレットや、説明資料があればすぐにでもプレゼンを始められるのに、あいにく持ち合わせがない。パンフレットも説明資料も、タブレットに入れておけば、咄嗟に取り出しすぐにプレゼンを開始できます。

◆仕事の効率化を

情報探しはコンピュータにまかせて

ビジネスマンの多くが、仕事中に情報を「探し出す」ことに多くの時間を費やされています。膨大な情報から必要な情報を探し出すのは、インターネットの世界で「検索エンジン」が実現しているとおり、コンピューターが最も得意な分野です。

電子化してファイルサーバーに保存しておけば、書類を探し回ることもなくなります。「探し出す」ことはコンピューターにまかせ、「情報を活かす」ことに時間を費やしましょう。よりスピード感のあるビジネス展開を行うために、まずは『紙文書』の見直しをお勧めします

◆実感できるコスト削減効果

検索機能を使い業務の効率化と大幅コスト削減を!

「探し出す」ことをコンピューターにまかせ作業効率化を図ることによる作業時間の削減、これによるコストの削減を可能にします。

一般的に1日8時間の労働時間の内約1時間が書類や情報を探す時間にあてられているといわれています、その人の1時間当たりの賃金を¥1,000としても1月20日労働で約¥20,000、社員10人の企業ですと約¥20万ものコストがかかっております。

これらの見えないコストを電子化をすることで社内コンピュータにて情報を共有することにより削減することが出来ます。

これからの未来のビジョンをお持ちの企業様ではこれらの見えないコストをいかに削減し時間を有効に活用するかを検討されています。その方法として紙文書の電子化、社内サーバーでの情報共有などが近年導入されています。


省スペースで効率的に!

紙書類を電子化し省スペースオフィスに引っ越すことによりコスト削減を図ってみませんか?

書類などが多く、これらを保管する為に広いスペースが必要な企業様や、都心部などで地価が高い場所に事務所を持たれている企業様においては、今まで書類保管に使っていたスペースが書類を電子化してコンピュータの中に保管することにより、そのスペースを他の目的に有効利用出来たり、より低コストで省スペースの事務所に移転することが出来るようになります。

貸し倉庫よりもリーズナブルに

書類を貸し倉庫に預けると、120センチサイズ(3辺合計幅)ダンボール1箱あたり500円程度(一ヶ月・業者により異なります)。3年間で18,000円です。書類が必要になると、入出庫料(約1,000円程度)や配送料がかかります。

一方、書類の電子化はご注文時に費用がかかりますが、その後の費用は一切かかりません。書類の情報は、いつでもパソコンから取り出し、共有したり統計を取るなど、ビジネスへ活用できます。

情報活用や、長期的な観点から見ると、貸倉庫を利用するよりもリーズナブルにご利用いただけます。

◆地震などの災害対策、リスク対策を

地震・火災などで重要書類が消失したら大変!

またその為の紙書類のバックアップは、同等のスペースが必要です。電子化された書類は、HDDなどのスペースが倍になるだけ。物理的なスペースは、考える必要がないほど省スペースです。もちろん場所を変えてバックアップしておくのも一つの手。東京と大阪で同じファイルをバックアップとして持つことで、万が一の災害時にも安心です。

それに、ぎっしりの書類がはさまった箱ファイルは、想像以上に重いもの。それが地震で倒れてきたら....。

「まさか」への対策を、電子化で行ってみませんか。社員の安全確保が図れます。本棚が倒れてしまったら、オフィス内を歩くことすらままならなくなります。また、扉を塞いでしまいオフィスから出ることができなくなることもあります。地震対策に、電子化は最適です。

おまかせください!

ドキュメントの電子化は、PDFファイルまたは、JPEGファイルで。業務用の高品質スキャナで読み込みます。A3版まで対応していますので、オフィス内のほとんどの一般文書を電子化できます。箱ファイルも、そのままお送りください。A4、A3など用紙サイズが混在していても構いません。

少量からでも

少量からでもご注文をお受けいたします。例えば、30ページのパンフレット1冊だけ、といったご注文も可能です。最低受注数量の制約はありませんのでお気軽にご利用頂けます。

書類返却はもちろんOK

お客様の書類は、電子化・PDF化後、当社にて廃棄処分することもできますし、お客様への返却も承ります。送付先はご注文時にお申し付けください。

見積もり超過分は3%まで無償対応!

ご注文時の枚数と実際のスキャニング枚数が異なる場合、誤差3%までは無料で対応させて頂きます。

料金は枚数でも箱数でも

書類スキャニングサービスの料金設定は、書類の枚数単位と、お送りいただく書類の箱数単位の2種類をご用意しております。お客様のニーズに合わせて、お選びいただけます。

少量なら枚数単位が、大量なら箱数単位がお得です

便利なオプションも

電子化ファイルを分類したり、効率的に保管することは、意外に手間と時間がかかります。この面倒なファイル名変更や書類分類、OCR処理も私たちがお引き受けします。

ファイル名変更で、人がファイルを探すときの視認性を、

処理でコンピュータがファイルを探すときの検索性を向上します。

スキャニングに特化した作業の効率化

当社はスキャニングに特化しております。これにより、技術者が効率よく電子化作業を進めることができます。

スキャニング作業は、明確に工程管理がされています。お送りいただいた書類の分類整理と確認、スキャニング順、原稿となる書類の紙と印刷品質、濃度による設定、スキャニング方式から、納品データの編集、チェックと最終確認まで。専門技術者が対応していますので、生産性が向上します。」

対応サイズをA3までに制限

弊社ではスキャン対応の用紙サイズをオフィス内で最も利用されている、A3<サイズまでに制限しています。大判A1<等の用紙サイズは、図面等を扱う企業でない限りニーズが少なく、また高価な機器が必要となり、結果として全体的なコストを上げてしまいます。

私たちは、安価で高品質なサービスを提供し、品質と価格でお客様にご満足いただけるよう日々努力しています。

営業活動は最低限に

弊社ではインターネットを活用することで、営業コストを最低限にしています

スキャニングは、「紙を電子化・PDF<化したい」という明確なニーズに基づいてご注文いただくもので、お客様のほとんどは、その必要性をご理解の上で弊社にご注文をいただいています。このため、お客様先を訪問し課題を抽出し、スキャニングやその他のサービスをご提案をするといった従来型営業がほとんど必要ありません。

もちろん、どのようにすればよいか分からない、電子化後の運用方法を提案して欲しいといったお客様には、お電話やお伺いしてヒアリングを行います。お気軽にお申し付けください。

お客様にとって無用な営業活動は行いません

このページの上へ
HOME書類のスキャニング(電子化)TOP書籍のデータ化サービスTOP